ChinoGrandBlog

ChinoGrandHotelのブログです。League of Legendsをプレイしています。

シーズン8で取り組んできたこと

シーズン7をGold5で終えてしまったことに対してかなりショックを受けたこともあり、シーズン8は本気で頑張ろうと色んなことに取り組んできた。

今回はその中で実行してきた取り組みについて紹介する回。みんなも俺を見習って高みを目指してほしい(Topから目線)

続きを読む

復活

お久しぶりです。

ChinoGrandHotelです。

 

しばらくブログの更新が止まってました。なんで?(殺意)

単純に毎週定期的に更新するのが面倒になってしまったのと、シーズン7終盤のためひたすらrankedを回しつつ、仕事も忙しくなってきて時間が取れなくなってしまったのが主な原因。

 

一応、最終更新日から現在に至るまでどんなことがあったのかを以下にまとめた。

続きを読む

今週の戦績(9/18~9/24)

先週分。

忙しすぎてなかなかブログを書く時間と気力がなかった。

 

■Ranked(Gold3 ?LP)

・Renekton(3W4L)

勝った対面はgaren, gragas, fiora。

garen戦はかなり慣れてきたのか、最近は勝率が高い。今回も普段意識していることを堅実に実践して勝利した感じ。やっぱりgaren相手は黒斧王剣重傷剣の3点セットで1v1に強くするのが良さげ。あと黒斧が完成しそうになるあたりで若干レーン戦が辛くなるので、せめてカトラスが完成するまではセーフティにじっくりと戦うことが重要っぽい。あとQの回転率が命だと思う。

gragasは久々だったので、とりあえず対vladみたいな重傷剣だけ持って防具を作るスタイルで組み立ててみた。結果としてはまぁ悪くない。相手は初手がRoAだったので、防具多めで正解だったと思う。重傷剣だけでも長期的なダメージ交換を意識してじわじわと有利を取ることができた。その間に味方が大暴れして試合は終了。反省するところはgragasのgank合わせに結構刺さっちゃったところだと思う。ultの位置を予測してEであらかじめ逃げやすい位置取りをしておくとかが対策なのかなぁ。flashの判断ももっと早くて良いと思った。

fiora戦は脅威ビルドで大いにしゃぶり尽くした。相手はタンクがいなかったので、脅威ビルドはかなり効いたと思う。味方sup brandもかなり育っててそのまま押し切り勝ち。

負けた対面はdarius2回, nasus, vayne。

dariusは1戦目でレーン戦に勝つものの、相手mid karthusとbot xayahがかなり育ちまくって崩壊してしまった。これは仕方ない。2戦目は接戦だったけど相手が一枚上手だった。Qの撃つタイミングと場所をよく考えていて、こちらが焦って先に行動してカウンターを食らった場面が多かった。こういうタイプのdariusはやりにくくて困る。この場合は仕掛けられるまでの状況管理がダメなパターンなので、相手との間合いや互いのビルドをよく考慮して動かないと。

nasusは序盤から2killを獲得して有利を作れたものの、相手jg ornnのgankに刺さりすぎて逆転してしまったのが辛い。かつ相手mid vladがメジャイを育てるレベルまで育っていて集団戦のダメージ負けも激しかった。こちらもjg panthやmid ahriが頑張って押し返していたんだけど、集団戦におけるornnの存在と、vladの半端ない火力がキツかった。nasusも勢いに乗って育ってしまった。ornnのgankをいなせていればjg panthが有利になれたので、これはかなり惜しいことをしたと反省した。jg ornnのgankに慣れていなかったというのもあるけど、シンプルに視界管理が甘すぎた。nasus相手に割と押せていたので、こういう時はただ川の茂みにワードを刺すんじゃなくて、相手の森の視界を取って味方jgも動きやすくさせるのがベストだったと思う。

vayne戦は辛いレーン戦だったけど、相手mid oriannaやjg wwからkillを取ってなんとか腐らずに済んでた。けど相手jg wwが結構育ち始めたのと、その勢いに乗ってvayneを止めることができなくなってしまって終わった。ビルドがtiamatと防具という若干弱気な形になったのもどうなんだろうと後悔してる。tiamatを積むくらいなら王剣で1v1能力を高めた方が良さそう。さっさと押し込んで他所からゲームメイクしたいと考えていたけど、vayneのfarmレーンを作ってしまうのも問題ではある。ビルドが整えばやり合えるはずなので、それを待つべきだったかなぁ。

 

・Maokai(0W1L)

対面はyasuo。試合20分を超えても同じCSを保てたので、レーン戦は悪くなかったと思う。ただ、集団戦でyasuoの打ち上げを複数人でモロに受けてしまったのと、相手kogが育って誰も止められなくなってしまった。しかも相手はyasuoとkogに加えてkatarina, j4, jannaというcarryとpeelerが揃った構成で、こちら側の主力であるleeとkarthusとdravenがなかなか生きにくい戦いだった。maokaiとalisterじゃpeelしきれず、kogを止めようとするとyasuoやkatarinaが、katarinaやyasuoを止めようとするとkogが暴れるという集団戦しかなかった。相手から仕掛けられる場面が多かったので、結局何もかも後手後手だったのがいけないんだと思う。maokaiとalisterというエンゲージツールをもっと活かしたかった。

 

・Galio(0W1L)

相手が先にlissを出してきたので、top lissの場合renekじゃ辛いかなとgalioをpickした結果、対面はnasusでした。レーン戦はある程度削ることはできたけど、CS差はあまり広げられなかった。あとultを活用できなかった。味方にはjg shyvやmid talonがいたので寄ればもっと使えたと思うんだけど、相手の育ち具合が激しかったのでどのみち勝つのは難しそうだった。galioは個人的にかなり好きなんだけど、チームで負けている時の動きがまだ浅い。peelすることも強く意識したい。

 

・Shen(0W1L)

対面はsinged。このときrenekを出したかったんだけど、singedがBANしてた。やりますねぇ!んでshenを出したんだけど、ボロ負けしました。ち~ん。singed相手にこちら先行でプレイしすぎた。もっと受け身でセーフティにプレイしていればよかったのに。あと靴は早めに強化しとかないと相手のパワースパイクで逃げ切れずに死ぬ。序盤からコケてしまうとultを使う場面が減ってしまうのがshenの辛いところ。んで相手のmid zedが育っていて、それに耐えきれなかった。MR積んでたからzedの火力がめっちゃ刺さって辛かった。なんかrenekとmaokai以外てんでダメだなぁ。

 

・総評(3W7L)

全体的にレーン戦は微妙。純粋に対面して負けたのが悔しい。あとは他所で育った相手を止められずに終了してしまう試合も多かった。序~中盤で相手の寄りを察知できずに人数差で押されることもよくあったので、とにかく視界意識を持つことと、何も考えずに集団から離れてレーンプッシュにいかないことかなぁ。top側の森の視界を取ることは今後もっと意識したいと思った。

 

 

■Normal

kledとsionとgalioとryzeとrenekを1回ずつ。ryzeは...置いとこう。sionとkledはもっと使いたい。

 

 

■雑談

いまいちメンタルコントロールができてない気がする。1試合1試合でかなり消耗しちゃう。余計なことを考えすぎないようにしたい。あと仕事辞めたい。俺のlolの時間を奪わないでほしい。

今週の戦績(9/11~9/17)

■Ranked(Gold2 0LP)

・Renekton(2W2L)

この4試合はどれもレーン戦がアツくて楽しかった。最後の試合は惜しかったので悔しいけど。

勝った試合での対面はkled, fiora。どちらも0デスで最高になった。

kled戦では細かなダメージトレードでゆっくり削りつつ、味方のgankに合わせてキルを徹底した。味方のjg jaxやmid ekkoが合わせてくれたので良かった。この間、botでは味方dravenが育ちまくっていたので、その流れでgg。

fiora戦ではlv1-2でハラスを受けすぎたのが反省点。Qでなんとか体力を持ち直し、lv4からは徹底的にQハラス、相手のQやcsに合わせたWで削っていく。こちら側から仕掛けた時に割とすぐWを使ってくるfioraだったので、飛び込んでも特に辛い点はなかった。ビルドは重傷剣→足袋→妖夢→ダスク→ブランブルみたいな感じ。かなりはしゃいだビルドだけどまぁ重傷剣は売ればいいので問題ないと思う。相手のチームもタンクらしいタンクがいなかった(jg gragasがいたけど青エンチャ+アイスボーンだった)ので結果的にはOK。

負けた試合での対面はireliaとshen。

irelia戦はボロボロだった。Eの対応が早くてこちらが後手後手になってしまうのと、こちらを殺し切るラインの見極めが早くて対応が遅れた。他レーンでは相手yasuoやkogがcarryしていたのでそのままggへ。こちらもvladやtwitchが火力を出せていたので、topレーンさえ抑えておけば勝てたかもしれない...。

shen戦は対面がignite持ちで面白かった。レーン戦は五分かこちら微有利みたいな状況。ただ相手はshenに加えてTFやivern, varus, namiとかなり集団戦向きで寄りの早いチームで、中盤はそれに圧倒されがちだった。shenはなんとしてでも俺が一人で対応しようと頑張ったけど、このshenが殴り合いめちゃくちゃ上手くて苦戦した。ただWを早めに切る部分があったのと、Qのブレードを警戒していれば1v1で勝てることが多かった。勝てるけど殺しきれない...。この試合は本当に惜しかった。あと対面のshenが上手くて楽しかった。こういうレーン戦すき。

 

・Maokai(1W1L)

対面はfioraとshen。

shen戦はほぼ全レーンがボロボロになって終わった。正直maokaiでshenを相手するのかなり面倒臭い。フロハじゃなくてMR積むべきだった。アビサルとか。そうでないとこいつとのダメージトレードは辛い。相手kalistaとluxがありえんダメージを出してきてタンクにすらなれなくて終わった。

fiora戦はレーン戦がかなり厳しかったものの、とにかくギリギリまでレーンでCSを取り続けて、とにかくtpを駆使して集団戦に参加しまくった。これこそレーンを犠牲に集団戦で勝つプレイングなんじゃないかと思う。タワーは取られたしfioraもかなりcsを食って育ったけど、それ以上に味方を勝たせることができたので良かった。集団戦でもfioraはpeelしきれば味方の火力で溶かせるレベルなので、そういう意味でもmaokaiで良かったなといった試合。結構危なかったけど、一番大きい要素は味方mid zileanがメジャイ積んで気持ちよくなってたことか...。

 

・Anivia(0W1L)

久々のmid。対面はveiger。

レーン戦は悪くなかったと思うけど、ここぞという場面でキルを取り逃したり、反転されて死んだりというもったいない場面が多かった。あと相手のveigarやmaokai, namiのエンゲージを食らってしまい、集団戦でダメージを出し切る前に前線が崩れちゃう。あとQやW, ultみたいな大事なスキルを間違った場面で消費しちゃって戦えなかったというもある気がする。

 

・Sivir(0W1L)

どこオプbot編。マッチアップはsivir/janna vs jinx/sona。

まずlv1でsonaのバーストを受けて死ぬ。もう辛い。さらに味方jannaはdcしてしばらく1v2の状態に、そこでさらに1デス。ひ~w一応jannaは戻ってきて、味方singedやlee, syndraが育ってたのでそれなりに戦えてはいたんだけど、相手の火力に耐えられず俺がダメージを出せなかった。特にyiへの対応が全然できなかった。今思うとGA積むべきだったと思う。

 

・総評(3W5L)

よろしくない...。midとbotで負けたのはまぁいいとして、topで五分五分になっちゃったのが効いてる。どの試合も中盤以降のエンゲージや寄りといったチームプレイで負けてしまった感じある。正直tpを腐らせる場面が多かった気がするので、そこも含めてレーンを管理したい。

 

 

■Normal

4試合くらいしかやってない。kledを触ってみたもののult下手すぎてまだまだ。レーンはぼちぼち強いなと思う。sionは引き続き練習中。レーン戦は良くなってきたと思う。

 

 

■雑談

三連休でlolやりまくろうと思ったら風邪をひいて死んだ。悲しい。最近PCモニターを2枚から3枚に増やして、かつメモリを16GBまで拡張した。かといってlolには特に影響しない。そらそうだ。デバイス周りは特に買い換える必要性を感じていないけど、強いて言うならG310(キーボード)ぐらいかなぁ。もう少し打鍵の軽いやつが使いたい。マウスはG302すき。

今週の戦績(9/4~9/10)

■Ranked(Gold2 0LP)

・Renekton(2W0L)

やりました。といっても2戦しかpickしてないんだけど。

対面は両試合ともdariusでした。個人的にrenek vs dariusはハンドスキル次第ではどっちにも転ぶマッチアップだと思ってる。色んなことに気を配りながら慎重に進めつつ、決めるところはきっちり出し切る、プレイングの切り替えが大事なレーン戦だと思います。たぶん。

1試合目のdariusですが、早速ゴーストフラッシュでした。この組み合わせの場合、普段はセーフティだと思っていた部分も普通にキル圏内に入ってしまうのでいつも以上に警戒していく。そして味方jgがsejuだったので、gankを切り口に運んでいこうと考えた。結果としてはそれが実現できた。mid corkiも参加してくれたし、botも勝っていたので全員で流れに乗ってggへ。この試合で当たったdariusは頻繁にQハラスを仕掛けてきたけど、renek側はこれに対してEWQEが入るため、やりやすい部類だと思う。

2試合目のdariusはなかなか強かった。先程のQハラスメインで立ち回るプレイヤーと違い、このdariusはWを主軸に攻めるタイプだった。renekで対面するdariusはこっちのタイプの方が多い印象。この場合、Wでスローが入るので歩いてQを回避することはできず、Eで回避するしかない。ここでこちらのEを即座に使った場合、距離的にdariusを若干追い越す形になってしまい、darius側は距離を取ってからQを当てるみたいなことになったりするので、こちら側も一旦相手のQを見てから動き出すように構えると良い。経験上の話。近づいて来るようならWが当てられるので、その時はEEで距離を置けばとりあえずOK。このケースは相手の出方やミニオン状況も絡んでくるので、とりあえず落ち着いて対処しようねって話。そんな感じで勝ちました。

ちなみにビルドはphage直行して足袋を購入することがほとんどです。個人的にdariusとやりあうなら優位に間合いを調節するためのMSが欲しいと考えているから。今のところこれで良いと思ってる。それから黒斧を作って、その後は王剣にすることが多い。これは中盤以降にsplit pushするdariusの対応をするために王剣で1v1性能を上げるため。たぶんハイドラよりはこっちの方がやりやすいと思う...。そんな感じです。

 

・Maokai(2W2L)

1度だけどこオプでjgになったので、jg maokaiをやりました。topだけなら2W1Lだから(震え声)

とりあえずtopで対面したのはheimer, riven, aatrox。どれもレーン戦はトントンとは言い難い結果になりました。まぁ仕方ないね。

heimerと対面した試合で負けたんだけど、これはめちゃくちゃ惜しい試合だった。序盤押されてはいたものの中盤から集団戦で持ち直し、さぁここからだというタイミングで味方jinxが孤立死してしまい、そのまま終わりました。悲しいなぁ。

rivenとaatroxは、味方jgがそれぞれkhazixとleeだったので、とにかくセーフティにレーンを維持させて、gankの時にきっちり決めていくプレイングを通した。やっぱりこういうjgがいるとmaokaiはめちゃくちゃ強い。集団戦でもそれなり以上に活躍できたし、最高にmaokaiしたって感じだ。

jg maokaiは相手のjg rivenが最高にrivenしててもうだめでした。

 

・総評(4W2L)

先週とdivisionもLPも変わってないけど、一度gold3に落ちてそこから連勝してgold2に戻ってきた。今のところ3連勝中なので、かなり調子は良さげ。これを維持したい。

renekでdariusに二度勝てたのも嬉しい。

 

 

■Normal

jaxやってました。楽しかった。あとsionもぼちぼち練習中。相変わらずultが下手。至近距離で使うのに甘えすぎ。

今後はkledもやりたいなぁと思い始める。jaxよりそっちの方が良いかも。sionは引き続き練習する予定。

 

 

■雑談

最近レーン戦で対面を圧倒することを忘れ始めていると思ったので、renekでその辺の感覚を取り戻したい。そういう意味でkledやsionみたいなタイプも出せればさらに良いと思う。maokaiはたしかに強いけど、jgに依存しがちなプレイングになっているので、pickは控えたい。でも安定感すごいからpickしちゃう...まぁそれはそれでrankedの観点からすると良いことではあるんだけど。とにかく今一度レーン戦を見直したいと思いました。