ChinoGrandBlog

League of Legendsのプレイ記録を載せています。

今週の戦績(9/4~9/10)

■Ranked(Gold2 0LP)

・Renekton(2W0L)

やりました。といっても2戦しかpickしてないんだけど。

対面は両試合ともdariusでした。個人的にrenek vs dariusはハンドスキル次第ではどっちにも転ぶマッチアップだと思ってる。色んなことに気を配りながら慎重に進めつつ、決めるところはきっちり出し切る、プレイングの切り替えが大事なレーン戦だと思います。たぶん。

1試合目のdariusですが、早速ゴーストフラッシュでした。この組み合わせの場合、普段はセーフティだと思っていた部分も普通にキル圏内に入ってしまうのでいつも以上に警戒していく。そして味方jgがsejuだったので、gankを切り口に運んでいこうと考えた。結果としてはそれが実現できた。mid corkiも参加してくれたし、botも勝っていたので全員で流れに乗ってggへ。この試合で当たったdariusは頻繁にQハラスを仕掛けてきたけど、renek側はこれに対してEWQEが入るため、やりやすい部類だと思う。

2試合目のdariusはなかなか強かった。先程のQハラスメインで立ち回るプレイヤーと違い、このdariusはWを主軸に攻めるタイプだった。renekで対面するdariusはこっちのタイプの方が多い印象。この場合、Wでスローが入るので歩いてQを回避することはできず、Eで回避するしかない。ここでこちらのEを即座に使った場合、距離的にdariusを若干追い越す形になってしまい、darius側は距離を取ってからQを当てるみたいなことになったりするので、こちら側も一旦相手のQを見てから動き出すように構えると良い。経験上の話。近づいて来るようならWが当てられるので、その時はEEで距離を置けばとりあえずOK。このケースは相手の出方やミニオン状況も絡んでくるので、とりあえず落ち着いて対処しようねって話。そんな感じで勝ちました。

ちなみにビルドはphage直行して足袋を購入することがほとんどです。個人的にdariusとやりあうなら優位に間合いを調節するためのMSが欲しいと考えているから。今のところこれで良いと思ってる。それから黒斧を作って、その後は王剣にすることが多い。これは中盤以降にsplit pushするdariusの対応をするために王剣で1v1性能を上げるため。たぶんハイドラよりはこっちの方がやりやすいと思う...。そんな感じです。

 

・Maokai(2W2L)

1度だけどこオプでjgになったので、jg maokaiをやりました。topだけなら2W1Lだから(震え声)

とりあえずtopで対面したのはheimer, riven, aatrox。どれもレーン戦はトントンとは言い難い結果になりました。まぁ仕方ないね。

heimerと対面した試合で負けたんだけど、これはめちゃくちゃ惜しい試合だった。序盤押されてはいたものの中盤から集団戦で持ち直し、さぁここからだというタイミングで味方jinxが孤立死してしまい、そのまま終わりました。悲しいなぁ。

rivenとaatroxは、味方jgがそれぞれkhazixとleeだったので、とにかくセーフティにレーンを維持させて、gankの時にきっちり決めていくプレイングを通した。やっぱりこういうjgがいるとmaokaiはめちゃくちゃ強い。集団戦でもそれなり以上に活躍できたし、最高にmaokaiしたって感じだ。

jg maokaiは相手のjg rivenが最高にrivenしててもうだめでした。

 

・総評(4W2L)

先週とdivisionもLPも変わってないけど、一度gold3に落ちてそこから連勝してgold2に戻ってきた。今のところ3連勝中なので、かなり調子は良さげ。これを維持したい。

renekでdariusに二度勝てたのも嬉しい。

 

 

■Normal

jaxやってました。楽しかった。あとsionもぼちぼち練習中。相変わらずultが下手。至近距離で使うのに甘えすぎ。

今後はkledもやりたいなぁと思い始める。jaxよりそっちの方が良いかも。sionは引き続き練習する予定。

 

 

■雑談

最近レーン戦で対面を圧倒することを忘れ始めていると思ったので、renekでその辺の感覚を取り戻したい。そういう意味でkledやsionみたいなタイプも出せればさらに良いと思う。maokaiはたしかに強いけど、jgに依存しがちなプレイングになっているので、pickは控えたい。でも安定感すごいからpickしちゃう...まぁそれはそれでrankedの観点からすると良いことではあるんだけど。とにかく今一度レーン戦を見直したいと思いました。