ChinoGrandBlog

League of Legendsのプレイ記録を載せています。

今週の戦績(9/18~9/24)

先週分。

忙しすぎてなかなかブログを書く時間と気力がなかった。

 

■Ranked(Gold3 ?LP)

・Renekton(3W4L)

勝った対面はgaren, gragas, fiora。

garen戦はかなり慣れてきたのか、最近は勝率が高い。今回も普段意識していることを堅実に実践して勝利した感じ。やっぱりgaren相手は黒斧王剣重傷剣の3点セットで1v1に強くするのが良さげ。あと黒斧が完成しそうになるあたりで若干レーン戦が辛くなるので、せめてカトラスが完成するまではセーフティにじっくりと戦うことが重要っぽい。あとQの回転率が命だと思う。

gragasは久々だったので、とりあえず対vladみたいな重傷剣だけ持って防具を作るスタイルで組み立ててみた。結果としてはまぁ悪くない。相手は初手がRoAだったので、防具多めで正解だったと思う。重傷剣だけでも長期的なダメージ交換を意識してじわじわと有利を取ることができた。その間に味方が大暴れして試合は終了。反省するところはgragasのgank合わせに結構刺さっちゃったところだと思う。ultの位置を予測してEであらかじめ逃げやすい位置取りをしておくとかが対策なのかなぁ。flashの判断ももっと早くて良いと思った。

fiora戦は脅威ビルドで大いにしゃぶり尽くした。相手はタンクがいなかったので、脅威ビルドはかなり効いたと思う。味方sup brandもかなり育っててそのまま押し切り勝ち。

負けた対面はdarius2回, nasus, vayne。

dariusは1戦目でレーン戦に勝つものの、相手mid karthusとbot xayahがかなり育ちまくって崩壊してしまった。これは仕方ない。2戦目は接戦だったけど相手が一枚上手だった。Qの撃つタイミングと場所をよく考えていて、こちらが焦って先に行動してカウンターを食らった場面が多かった。こういうタイプのdariusはやりにくくて困る。この場合は仕掛けられるまでの状況管理がダメなパターンなので、相手との間合いや互いのビルドをよく考慮して動かないと。

nasusは序盤から2killを獲得して有利を作れたものの、相手jg ornnのgankに刺さりすぎて逆転してしまったのが辛い。かつ相手mid vladがメジャイを育てるレベルまで育っていて集団戦のダメージ負けも激しかった。こちらもjg panthやmid ahriが頑張って押し返していたんだけど、集団戦におけるornnの存在と、vladの半端ない火力がキツかった。nasusも勢いに乗って育ってしまった。ornnのgankをいなせていればjg panthが有利になれたので、これはかなり惜しいことをしたと反省した。jg ornnのgankに慣れていなかったというのもあるけど、シンプルに視界管理が甘すぎた。nasus相手に割と押せていたので、こういう時はただ川の茂みにワードを刺すんじゃなくて、相手の森の視界を取って味方jgも動きやすくさせるのがベストだったと思う。

vayne戦は辛いレーン戦だったけど、相手mid oriannaやjg wwからkillを取ってなんとか腐らずに済んでた。けど相手jg wwが結構育ち始めたのと、その勢いに乗ってvayneを止めることができなくなってしまって終わった。ビルドがtiamatと防具という若干弱気な形になったのもどうなんだろうと後悔してる。tiamatを積むくらいなら王剣で1v1能力を高めた方が良さそう。さっさと押し込んで他所からゲームメイクしたいと考えていたけど、vayneのfarmレーンを作ってしまうのも問題ではある。ビルドが整えばやり合えるはずなので、それを待つべきだったかなぁ。

 

・Maokai(0W1L)

対面はyasuo。試合20分を超えても同じCSを保てたので、レーン戦は悪くなかったと思う。ただ、集団戦でyasuoの打ち上げを複数人でモロに受けてしまったのと、相手kogが育って誰も止められなくなってしまった。しかも相手はyasuoとkogに加えてkatarina, j4, jannaというcarryとpeelerが揃った構成で、こちら側の主力であるleeとkarthusとdravenがなかなか生きにくい戦いだった。maokaiとalisterじゃpeelしきれず、kogを止めようとするとyasuoやkatarinaが、katarinaやyasuoを止めようとするとkogが暴れるという集団戦しかなかった。相手から仕掛けられる場面が多かったので、結局何もかも後手後手だったのがいけないんだと思う。maokaiとalisterというエンゲージツールをもっと活かしたかった。

 

・Galio(0W1L)

相手が先にlissを出してきたので、top lissの場合renekじゃ辛いかなとgalioをpickした結果、対面はnasusでした。レーン戦はある程度削ることはできたけど、CS差はあまり広げられなかった。あとultを活用できなかった。味方にはjg shyvやmid talonがいたので寄ればもっと使えたと思うんだけど、相手の育ち具合が激しかったのでどのみち勝つのは難しそうだった。galioは個人的にかなり好きなんだけど、チームで負けている時の動きがまだ浅い。peelすることも強く意識したい。

 

・Shen(0W1L)

対面はsinged。このときrenekを出したかったんだけど、singedがBANしてた。やりますねぇ!んでshenを出したんだけど、ボロ負けしました。ち~ん。singed相手にこちら先行でプレイしすぎた。もっと受け身でセーフティにプレイしていればよかったのに。あと靴は早めに強化しとかないと相手のパワースパイクで逃げ切れずに死ぬ。序盤からコケてしまうとultを使う場面が減ってしまうのがshenの辛いところ。んで相手のmid zedが育っていて、それに耐えきれなかった。MR積んでたからzedの火力がめっちゃ刺さって辛かった。なんかrenekとmaokai以外てんでダメだなぁ。

 

・総評(3W7L)

全体的にレーン戦は微妙。純粋に対面して負けたのが悔しい。あとは他所で育った相手を止められずに終了してしまう試合も多かった。序~中盤で相手の寄りを察知できずに人数差で押されることもよくあったので、とにかく視界意識を持つことと、何も考えずに集団から離れてレーンプッシュにいかないことかなぁ。top側の森の視界を取ることは今後もっと意識したいと思った。

 

 

■Normal

kledとsionとgalioとryzeとrenekを1回ずつ。ryzeは...置いとこう。sionとkledはもっと使いたい。

 

 

■雑談

いまいちメンタルコントロールができてない気がする。1試合1試合でかなり消耗しちゃう。余計なことを考えすぎないようにしたい。あと仕事辞めたい。俺のlolの時間を奪わないでほしい。